アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

アスホール痛(痔)に効く!?血海と救世主(新薬)の到来か

新聞の見出しさながらの壮大な始まりですが、

いきなりお下品な話から始まります。

えーわたくしはとても麗しい20代の淑女なのですが、アスホールがずっとうずいているのであります。

ケツの穴です。あ、結局逝ってしまいました。

あ、下ネタではありません。

言ってしまいました。

実を言うとここ最近とくに私の体内のアスホール付近でテロが起きていまして、ガチで病院行ったほうがいいのではとも思いましたが、なんとか内容物を柔らかくする方法を考えたり、水分をとったりで少し改善したのでまだ行っていない所存でございます。

しかしながら、アスホール痛というのは再発がかなり多いといいます。

なので油断はならぬのです。

なんと日本人の半分以上がアスホール痛に悩まされているというではありませんか。(大雑把)

それでもお淑やかな国民性の日本人は、アスホールなどというお恥ずかしい部位のため病院にもかかりにくく、涙ぐましく耐えておられる方が多いというのが現状でしょう。

アスホール痛は数年かけてじっくり進行するといいます。

これがパスタのミートソースならば熟成されればされるほど味わいが出るというものですが、これがアスホールとなるとそれはそれは大変でございます。

熟成されたブルーチーズとはわけが違うのです。

重症の場合は即手術となることもございますとても重大な疾患なのでございます。

しかしながら今回の私のアスホール痛というのは、みなさんも薄々お感じの通り、こうして文章を書けるほどにとどまっております。

本当に痛いときは、文章などとてもかけたものではありません。

完全にボラ◯ノール案件なのですが、やはり麗しい乙女がアスホールに異物を注入などとはやはり少し敬遠したいものでございます。

今の私のアスホール痛は、お月経が原因であろうものです。

そのため、お月経に効く血海と三陰光というくるぶし上のツボを押しているのでございます。

膝から指3、4本分の位置にあるツボですが、血海はやはり痛いです。

血の海ってそのままですからね。

お月経に効くといいますがアスホールの痛みもやや和らぐ感じもします。

みなさんにもおすすめです。

アスホール痛はとにかく放置してはいけないのでございます。

そこでですね、アスホールの神にも祈る思いで検索しましたところ、なんと見たことのない薬が出ておりました。

ヘリモ◯ドというお薬です。

感想などが少ないところを見ると、多分まだ新薬なのではないでしょうか。

痔のお薬だなんて、治験の方のことを考えるとなんとなく恐ろしいですね。なんと怖いもの知らずで、勇気あるお方なのでしょう。

このお薬はですね、なんと舌下錠なのでございます。(口から摂取)

ええ、あの抵抗感のある、アスホールに注入せずとも良いのでございます。

乙女にとってこれほどの朗報はございません。

この薬を服用することで、にくいあんちきしょうが小さくなっていくというのです。

(消滅するとは書いていなかったので、結局病院にかかれということなのでしょうか?)

ただし即効性のほどはわかりません。

しかしながらアスホール痛に罪はありません。

私が長年自身の体をいたわり損ね、ボロボロなのに戦場に行かせアスホールを苛め続けた結果なのでございます。

今度試してみたいと思いますので、もし進展があれば報告に上がりたいと思います。

ではみなさんも良きアスホールライフを。

君にその話を1000回も聞かされたよ。

どうも。

旅行の予定前から、妹と何度となくどうでもいい衝突をしています。

さっき、ある漫画家の出身が◯◯だ、と妹が言い張るのだが、私は妹はおそらく思い込みを記憶違いしているだけだろうと思い、指摘すると、ますます意地になりそこ出身に違いないといった。

直後にムカついたのか「まあ違うのかもね」と拗ねたように言った。

妹はこういうことがよくある。

芸能人の顔とかもよく間違える。

で、私は割と忘れない方なのでどうしても違和感を覚え指摘する。

すると妹は意地になり絶対にそうだと言い張る。

(言ってあげない方がいいのかもしれないけど、あとで間違いに気づいても恥ずかしいだろうし、やっぱり気になるし、あと妙に自信満々に言うから余計に言わずにいられない)

その後、少し気まずくなった後に、ベッドの上で私が伸ばしていた足を誤って思いっきり踏まれたあげく、私が何かいう前になぜか「そこに足があると思わなかった!」と逆ギレされた。

もう本当にありえないこの人。 (この後謝ってきました)

今日の昼もコミュ障が発症した私と、不機嫌な妹で買い物をしたときに不穏になった。

多分、旅行へのストレスもあるのだと思う。

(ここまでは2日前のことです)

昨日(というかさっき)も細かい会話でギクシャクした。

「なんでそうなるんだ?」みたいな、どうでもいい会話のすれ違いみたいなのが多い。

旅行の予定も大体立ったけど、ほとんどが妹の知り合いに会うスケジュールだ。

当初はイベント目当てだったけど、妹はなるべくなら家から離れる時間を長くしたいのと、人に会いたいということで一週間ほどの割と長旅になった。

「まあ別にみんなに会わなくてもねー。前は予定詰めすぎて忙しかったし」みたいなことを言っていたが、結局前回と同じ、友達ほぼ全員に会う勢いである。

デジャヴかよ。

会う人や計画が思いのほか増えたため、妹の不安で旅が長期化したのだが、結局初日の3日くらいに知り合いと会う日が集中した。

当たり前だ。みんな社会人でゴールデンウイーク期間だからだ。

まあゆとりのある時間が一応後半にできたわけだけど、結局息つく余裕があるかはわからない。

妹は自分の友達のみならず、私の友達にも会いたがる。

別にそれぞれ会いたい人に会ったりしてもいいんじゃね?って思うけど、なんか知らんが妹も会わないと気が済まないらしい笑

というのも、妹の嫌いなタイプの私の同性の友人…ではなくて、イケメン系のおじさん友達だからです爆

妹は私だけがイケメンを独り占めするのが嫌なのでしょう。(偏見)

そんなわけで妹のせいで過密スケジュールです。w

のんびりできません。

困るのが、そういうスケジュールで勝手にカリカリされても困るということですよね。

自分で望んだからにはどっしり構えてほしいです。

でもこの人は短気なのでそういうわけにもいかないでしょうね。

はあ。旅行前から疲れてます。

たまには楽しくのんびり旅行に行ってみたい。

今日の昼も奴が来て、やたらタバコを勧めてきてクソ鬱陶しかった。

おまけにまた部屋に来て、すでに何回も聞いてる曲を聞かされた。PVも。

「君に1000回もメールを送ったよ、君に1000回もメールを送ったよ。おかしくなりそうなんだ。」

という、完全にストーカーじゃねえかという歌の、まったくありがたくない奴の直訳解説付きで。

君にその話を1000回も聞かされたよ。

私がおかしくなりそうだよ。

不穏な気配

5月にイベントがあったので妹と旅行の話になった。

昨日の夕方、あまりに眠くて少し寝てしまった。

すると部屋に来てトイレ掃除をしてくれと言われた。

しかし私はだるかったのでぼーっとしていたら、妹がキレて部屋に戻り、壁を叩いたりする音が聞こえた。

また始まった、と思い呆れていた。

もうこんな人と旅行行きたくないなと思った。

前に行った時も地味に喧嘩みたいになったし、そんな旅行ならいかないほうがましじゃないかと思った。

イベントには行きたかったが、それを諦めてでも行きたくないという気持ちが強かった。

妹はキレながら上のトイレ掃除だけしたらしく、わたしには下のトイレ掃除はしといてとメールが来ていた。

旅行に行くのはやめると言おうと思い、一階のソファでじっとしていた。

食卓ではある程度機嫌を直したのか餅を焼いている妹がいた。

わたしの分の皿も置いてきたが、わたしはその前におしるこを食べていたしいらないと言って返した。

わたしは言いにくかったが、「旅行行かないから。ちょうど生理も来そうだし」というようなことを言った。

なんでと聞かれたので色々と答えた。

あなたと行っても楽しくないからなんて言ったら、ものすごく傷ついてめんどくさいことになるだろうと思ったので言わなかった。

ここまで言われたら自分が嫌なのかな?と気付くかと思ったが、気づきたくなかったのか、案外気づいてないようだった。

「つまんないなぁー」と言っていた。

つまんなくしてるのは誰だよと思った。

予想通り、わたしが行かないなら行かないと言い出した。

そういうのもめんどくさい。

勝手に一人で行ってほしかった。

その後妹が部屋に戻り、わたしはリビングにいて、メールのやり取りをした。

「行動するのがしんどいからやめたんでしょ」というようなことを言われた。

いや違うっつーの。

どう言おうか迷ったが、やんわり「喧嘩が嫌だから」と言っておいた。

最近掃除を一人でやっていたから溜まってしまったと言っていた。

たしかにわたしもあんまり体調良くなくてやってない日もあったと思うけど、妹は昔から先生などから「がんばりすぎ」と言われていた。

だからわたしも同じくらい苦しみ(と妹が思えること)を分かち合わないと気が済まないのだろう。

前の旅行でも喧嘩したか聞かれて、覚えてないのかよと思いながら「あったよ」と答えた。

妹が不機嫌になるのでわたしが当たられて凹むと言った。

そしたら妹は、わたしが不機嫌なのか具合悪いのかわからなくて悩むと言った。

わたしが落ち込むのは妹がキレるからだと言った。

すると妹はわたしの様子がわかんないからキレるんだと言った。

いやなんでキレるねん。普通に聞けよw

わたしは、妹はわたしに対してあたりがきつい、と言った。

何か言うと「それは〜だからじゃない?」と言ってくるのが嫌だから言わないのだと言った。

妹はそれうぜえなと自分で言っていた。

妹は自分は義務感とかが母親に似てて、わたしが黙り込むのは父に似てるのだと自論を展開。

いやあのキチガイ自己中ハゲと一緒にするのはどうか。

わたしが黙るのは少なくとも相手を傷つけない配慮もあるからね。

とまあ喧嘩腰でも仕方ないので一応認めた。

普段の性格的には妹はかなり父似だと思うが。すぐキレるし。

最終的に妹は「もう少し大人になる」と言っていたが果たして本当かどうか。

その後はとりあえず和解したが正直旅行という気分でもなくなった。

だが妹は結局どうしてもわたしと行きたいようなので行くような流れになっている。

結局いつも強引だ。自分がやりたいこと、行きたいものはわたしと共有したいので結局わたしを無理やり連れて行く感じになる。

そういうとこだよ。人の感情無視すんな笑

そんでその後、夕食の時に母、妹、私で奴の話になり、断酒していたが料理酒を飲み出した話になった。

母は父がアル中だったのでアル中に過剰反応する。

それでなんかスイッチが入ったのだろう、というかその前からちらほらおかしい兆候はあった。

母は何か不満を溜め込んでいる時、私たちの話を普段の数倍聞かなくなる。

というか耳に入らない、という感じ。

それで笑ってごまかし、ペラペラ喋り出すので不満だとは一見気づきにくい。

しかし奴の話でスイッチが入ってしまい、一人でブツブツ言い出した。

「大ボラ吹きだ」とか「情けない」だとか、もう勝手に好きなことすればいいんだ、などと呟いていた。

かと思ったら直後にテレビ見て笑っていたりして妹と恐怖していた。

あとで妹と「情けない」ってなんなんだろうねという話をした。

自分の子供を心配していたら情けないではなくどうすればいいんだ、となるのが普通ではないのか。

やはり子供は所有物だとしか思っていないから、そういう台詞が出てくるんじゃないかという話になった。

それで、旅行なんていってる場合なのかな、もう引っ越すべきじゃないか、という話になった。

うちは奴が父をボコボコにしたいと言ったり具合も悪くいつまで働けるかわからないし、そんな奴に対し不満を抱いている母も、いつ奴をぶん殴るかわからない。

そんな家にもう正直いたくないというのが本音だ。

だがその状態の家族に引っ越しの話などできるのか、準備など考えてもスムーズにいくのか不安だ。

もし一人でも協力者がいれば違うのだがなあ……っていつから言ってるんだこれ。

地獄の宴

4月に入って数日、気分も悪く体調も悪い。

いつも悪いんじゃないの?と言われるとまあ確かにいい日はそんなにないけど、なんというか、朝起きるたびに嫌な気持ちというか、常にイライラしているというような感じ。

そのくせだるすぎてなにもする気が起きない。

家族がいないときでも、ご飯すら食べるのがだるいし、全く食欲がない。

昨日の昼、奴からLINEが来ていた。

滅多に来ないので嫌な予感しかない。

何かお願いしたい時か、寂しい時かだ。

既読してしまったし、先伸ばしても仕方ないので返事をした。

しばらくして奴が階段を上がってきた。

手には酒を持っている。

もう嫌な予感しかない。死亡フラグだ。(私の)

断酒してたんじゃないのかよ、と思って何回か聞くがのらりくらりとかわしてくる。

しつこく聞くと「まあうんたらかんたら」と言い訳じみたことを言うだけ。

奴は私の部屋に座ったものの、すぐに酒には手を出さず、何か語り始めた。

奴はとにかくこの数日イライラしていて体調も悪いと。

なんで私と被ってたんだ気味が悪いと思ったが、そういう時期なのだろうか。

ただ家族の中でも私と奴だけというのが謎だ。

自分の具合が悪いのは両親のせいじゃないか、と言い始める。

とにかく両親とは気が合わない。話しているとイライラしてボコボコにしたくなるので黙っていた、と言っていた。

まあお前もボコボコにしたくなるくらいムカつくけどな。

確かにそれは私もわかる。

特に母は同性の私に対して空気を読まないところがあり、数年前、朝起きて早々に身だしなみをいじってきたりして殺意が湧いたものだ。

もう本当に腹が立って仕方ないので部屋に入ってくるなというしかなかった。

おそらく理由を告げても理解しないだろうと思ったので言わなかった。

このままでは母を殺してしまうかもしれないという恐怖があった。

まあぶん殴ることはあるとしても、殺すことは多分ないと思うのだが、それくらい恐ろしかった。

まあ奴も私と同じそんなこんなで、最終的に私に救いを求めてきたというわけだ。

大人しく一人で飲んでろよ。

私は空腹で酒を飲んだ時にすごく気持ち悪くなった記憶があるので、飲む前に何か食べないといけない。

今日はなにもたべていなかったので、奴が持ってきたカレーせんべいみたいなやつを食べる。

本当は全然飲みたくなかったが、奴は言うことを聞かない。

あとできくとすでにまた余っていたジャックダニエルを飲んでいたらしかった。

奴が信奉している、細木数子の◯星人とかいうやつで、Bくんと奴は同じ、というかやたらに私の周りは◯星人が多いのだが、私は◯星人に恨みでも持たれているのだろうか。

というのも、Bくんにしろ奴にしろ私にやたらに酒を飲ませたがるのだ。

Bくんのときは、私も若かったし馬鹿だったのでのせられて飲んだところもあるが、私が飲むと嬉しいのかすごく飲ませてくるのだ。

奴はどんどん酒が入り、自分の好きな曲(もう聞き飽きた)やおんなじ話をし始める。

そして今の仲間らしい人とのLINEをすごく嬉しそうに返していた。

ただでさえ調子が悪い私には地獄だった。

もともと同じ話を聞くのが耐えられない人間(というか耐えられる人もそんなにいないと思う)だ。

私は奴がかける曲をもう何回も聞いてる、というとそんなわけないとか言い出す。

いやあんだけ同じ曲ループして聞かされて覚えない方が無理だろ。

奴はべろべろになってそこら中のものにぶつかっては倒した。

挙げ句の果てには前にも見た不快なPVを見せられたが、奴がトイレに入っている隙に早送りした。

最後の数時間はもう死体のようになっていた。

これはなんの罰なのだろう?と思えてくる。

奴は仕事の時間ギリギリになっても部屋に居続けた。

やっと帰った(仕事に行った)あとも私はほぼ死体と化していたが、1時間くらいで奴が帰ってきた。

親に帰されたのだという。よほど使えなかったのだろう。

私と妹は唯一の休息時間を奪われ不快だった。

下にいると奴が絡んでくるので行きたくなかった。

しかし妹は風呂にお湯を入れなきゃいけないし、私は奴が散らかしたものを片付けなきゃいけない。

奴が断酒してから狂ったようにお菓子を食べるため、プラスチックゴミがすぐに溢れてしまう。

私はイライラしながら袋に突っ込んでいたのだが、その間も奴はずっと話しかけてくる。

「猫と牛は可愛いんだよ」という奴に、そりゃ動物だから当たり前でしょと半ギレで返す。

奴はもう酒も入ってナーバスになっているのか、上に上がろうとする私に奇声のようなものを上げて引き止め出す。

私と妹は一階にいて奴がずっと喋り通す。

妹はききたくなかったのだろう、洗面所に行った。

その間、奴は薄暗い食卓でずっと語り続ける。

私ももはやブチ切れ寸前のまま、母と言い合ったときのような妙な冷静な気分で相槌も打たずじっとしていた。

ようやく私が部屋に戻り、死体のようにうずくまりベッドに横たわっていると、またもや奴が部屋に入ってきた。

一体なんの悪夢なのだろう。

10年前もこんなことがあった。

何も変わっていないのだ。

奴は死体のような私に対して、壁に話しかけているように喋り続ける。

しかしあまりにも微動だにしない私が時々心配なのか何か言ってくる。

私はさっきはどこでブチ切れようかと思っていたが、同時にコレにキレても仕方ないし面倒だというのはわかっていたので鉄の理性で抑えていた。

だがもはやキレる気力すらなかった。

胎児のように丸まっている私に対し、「その姿勢見てると落ち着くんだ」と言ってくる。

やがて奴がふと喋らなくなり、うな垂れた。

数分くらいで私が肩に手をやりゆすると、ニヤッとして「ふん」と得意げに笑った。

どうせ私が喋らないから、自分が具合悪いふりして気にかけるかどうかテストしたんだろう。

本当ムカつくな死ね、と思った。

お前はアーティスティックな使命があると思う、と言った。

どこでそう思ったのか知らないが。

その後、酒を飲んだ奴のことで帰ってきた母がイライラしていた。

奴のイライラを受け止め、さらにそれでイライラした母の言葉を聞き、カオスな状況に苦笑いしか出てこない。

そういや前に母と喧嘩したのも、奴が飲んだ日だった。

そもそも奴が酒を飲むのも親にイライラしてるからなんですけど。

あなたたちがそんなんだから私に降りかかってくるんですけど、そんなの知りもしないよね。

私たちのおかげで殺人が食い止められてるんですよ。

まあ、先延ばしになってるだけかもしれませんけど。

その後は奴のせいで食欲が消失したので皿を洗い、疲れからか襲ってきた眠気にまけて寝た。

妹と夜中にスープカレーを食べる予定だったが、そんな気分でもなかった。

そして結局ほとんど何も食べず翌日になったのだった。

家電が壊れ続ける家(ビフォーアフター的な)

立て続けに家の中の家電が壊れ始めている。

ドライヤー、電子レンジ、そして私のiPhone

地味に困る度合いが高くなってきている。

ドライヤーは、奴が使っていた同じ奴があったのでなんとか助かった。

しかし電子レンジは、特に人がいない時間帯に食べることの多い私や妹は結構困る。

しかも母はさほど気にしていないというか、買い換えたりするのがめんどくさいのか放置しているし、父も普通に使っていて、今の所なぜだか問題が起きていないらしい。

その壊れ方というのが、妹が使っていた時に、皿が焦げるような匂いがしたのだ。

レンジが壊れて異常に温めるのが早くなったようだ。

母に至っては冷めたご飯でもいけるなどと言い出した。

私も一時期家族に怯えてコソコソ食べていた時そんな風になったこともあったが、ご飯が生きがいの母がそんな風に言いだすと末期な感じがする。

なんか本当、うちって地味にヤバくないか?

ピサの斜塔みたいに斜めになってて、そのうち崩れるんじゃないか?

みんなどれだけ危険な状況にいるのかわかっていない。

客観視もしない。する余裕もないのだろうけど。

これは家電を放置するというだけの話じゃなくて、問題を問題として受け止めず、そのままにしてどんどんヤバい事態になっていくことの危険だ。

おそらく誰も真剣に耳を貸してくれはしないので、私や妹だけでも逃げ出すしかないのだろうか。

私のiPhoneはというと、今日ふと気づいたら、iPhoneの画面が不自然に盛り上がっていたのだ。

なんじゃこりゃ!?と思って調べたら理由は様々あるらしく、バッテリーが膨張しているとか、落とした時の衝撃でイかれたとか。

私はiPhoneを慎重に扱っているので、最近落とした記憶はなく、もしかしたら気づかなかっただけかもしれないが、バッテリーの膨張が原因かな。

あまりにも家電が壊れるのでやはりあっちの世界のサイン的なものなんじゃないかと思わずにはいられない。

まだ普通に使えているので、今のうちにデータのバックアップを取っている。

パソコンまでいかれたらおしまいだけど。

家電が壊れるのは警告、運気の変化、などが関係するらしい。

うちの場合は警告だという気がする。

鈍感クイーンである母親に、イかれた父、疲れている兄は警告に気付く余裕はないだろう。

彼らは家電が壊れても買い換えるという選択すらせず、修理も当然しないし、一応まともな私と妹だけが異変に気付き、なんとかしなきゃと思っている。

これはある意味、気づいた人にだけ挽回の余地があるということなのか、それとも私と妹に警告しているのだろうか。

この間、見つけた写真をせっせとiPhoneで撮影して保存していたのは、死亡フラグではなくて、iPhoneの死期(?)というか危篤を感じ取ったのかもしれない。

私は最近タロット占いで死神や塔という、劇的な変化や終わりを意味するカードがものすごく出てくる。

私は「変化」というのが特にここ数年待ちわびていたような感覚で、けれど怖かったり、なんとなく流れが悪かったりでいまいち変化を起こせないというジレンマがあった。

だから塔や死神が出ると嬉しいくらいだったのだが、いざ本当に危険が迫っていて、逃げ出さなきゃならないとなると、怖いのだ。

元来尻を叩かれないと動けない性格だ。

逃げ出したところで暮らしていける確証はまったくない。

貯金はあってもすぐに尽きてしまうだろう。

たしかにそういう生きるか死ぬかという瀬戸際で生きた経験はないし、実はそういう生き方をすごく体験してみたいという思いもある。

でも現実となるとやっぱり怖い。

私はこの間有料のタロットでまた塔が出て、

「住み慣れた塔から、決死の覚悟で飛び降りる時が来ている」とドンピシャなことを言われた。

私がそれで喜ばず、むしろ恐怖と焦りと少しの期待を感じることが、何より本当にその時が迫っている証だろう。

※近いうちにiPhoneを修理に出すと思うので、更新が止まるかもしれません。

もしくは本当にそんな余裕がない生活になってるかもしれません。

もし三ヶ月以上止まったらヤバい状態ということです笑

でも多分生きてるので更新はすると思いますが、なんらかの不具合でログインとかできなくなってたらお別れです。

一応、言っておきます。今まで読んでくれた皆さんありがとうございます!

夜中の出動

今日の夜、急に奴からLINEが来た。

(私の家では妹以外、基本メールやLINE連絡である)

猫ちゃんの画像だった。

あらかわいいねで終わればいいが、昨日のこともあり(お前らがいないから猫がいなくなったと言われたこと)、なんだ機嫌取りのつもりかと思った。

でも優しい私は返事を返した。

猫ちゃんが寂しいから、来てあげてというようなことを言い出した。

いや、寂しいのはお前だろ……。

というのは飲み込んだ。優しいからね。

今日も父が出かけるらしく、夜の仕事は奴一人に任されていた。

たしかに夜中の牛舎はマジで怖い。道中も怖い。

しかし奴一人では結局仕事をこなせないので、母もいくのだ。

妹にもいうと意外にもそんなに嫌そうではなかったのでいくことに。

今日も母が行くとは知らなかったので、妹が「私たち行くからいいよ」と言った。

妹が人のためにここまでするなんて母以外ありえなry

いや、あんたさっきまで腰痛い言うてたやん。

わしも痛てえんや。なにを言い出すやん。

でも結局みんな仕事を覚えていない(忘れてる)ので母も行くことに。

久々の糞をかく仕事で、体は意外と動いたが、指が早々に限界を迎えた。私の指は大抵の人が驚くほど細いのだ。

日々の筋トレの成果があったかどうかは定かではないが、役に立ったのだろうか。

あいにく今は腰が痛かった。

なんで私の体はタイミング悪いんだよ。

奴が今はやりの?Tinderに載せるからと、動物を可愛がっている姿を私に写メや動画を撮らせた。

ブスばっかりとのたまっていたが。

お前も大概だろ妥協しろ。

私だったらこんな不自然な笑顔のやつ気持ち悪いなと思った。

私と妹は糞かきの後帰ったが、途中で母に呼ばれ、まだ他の仕事があると言われた。

なんだよ奴がやるんじゃないのかよとブツブツ言いながら戻った。

奴はただ仕事が終わってでかい音で音楽を流しながら話しかけるので鬱陶しく、かわした。

久々に元気になった虎猫ちゃんを可愛がった。

お気に入り?の妹の膝に乗っていて可愛い。

いつもは逃げる白い猫もなぜか逃げないので撫でた。とても目が大きい。

猫のおかげでいつもの殺伐とした空気が和らぐ。

その後、奴からなぜかおつかれというLINEスタンプが入っていた。

まるで仲良し家族のようだ。

奴とは対面よりLINEくらいの距離感がいいのかもしれない。

でも少し昔を思い出した。

明日は妹が用事があるので早くから出かけるみたいだ。

私は起きるかどうかわからないが、どちらにしろ洗濯物も干さなきゃいけないので起きなきゃいけないな。

本気で放浪したい

数日前から腰が痛い。

なので続けていた筋トレもできない。

突然寒くなったのもあるのかもしれない。

さっきブロン2錠と安定剤1錠を飲んだ。足りなかったが足すのもだるかった。

昨日の夜、奴に「昨日お前らがいないから(見てなかったから)子猫がいなくなった」と言われて私たちのせいなの?と言い返した。

そのあと鬱になって一人部屋で泣いていた。

ムシャクシャしてたら隣の部屋から夜中なのにかすかに歌う妹の声がしてイライラした。

そのあと部屋に来たけど私の機嫌の悪さを察知したのか去っていった。

曲を聴きながら白目をむいたりボーッとしていた。

全てがアホらしくなった。

ずっと自殺自殺と呟いたりしていた。

私は自分に腹が立っていた。

いつまでも実家にいて何も変わらない毎日を過ごしている自分に。

そうしてる間にも年を取っていく。それはわかっている。

でもむやみに動けばいいのでもないこともわかっていた。

奴に言われたことがそこまでショックだったというよりは、それをきっかけにして私の心の闇が発動したような気がする。

何もかも投げ捨てて放浪したい気分だ。

私は一体何を守っているのだろう。

夜は妹とはなんとか会話できて、小さいカップ麺とケーキを食べた。

少し吐き気というか喉の違和感があったが食べたかったので食べた。

妹が朝、祖母の「バカタレ」という声が聞こえたらしい。

誰にいったのだろうという話だったが、奴か、もしくは勝手に敵視している私たちのことかもしれない。

知りたくもないが。

あと、奴から借りていたマルチエフェクターみたいなやつをアンプに繋いで弾いてみたが、どうも音がおかしいので放置した。

※なんだか足りないので睡眠薬を1錠足しました。

NirvanaのCD、Heart shaped boxだけ持ってるのですが、その中のmilk itという曲で、パンクな感じで一発撮り感がとてもカッコイイのですが、「この曲のミソはカートが笑っているところです」という感想がネットにあって、やっぱりこれ笑ってたんか、となんとなく微笑ましい気持ちになりました笑

なぜ笑ってたのかは不明ですが、歌詞の馬鹿らしさについつい笑ってしまったのでしょうか。

Test meat!

人形のステーキ

Doll steak!

検査用の肉!

というサビで、カートが絶叫するのですが、酔っ払って書いたのかご覧の通り意味のわからん曲です。

もしかしたら私にはわからない深淵な意味が込められているかもわかりません。

自殺系サイトを見ていたらだんだんアホらしくなったのでよかったです。