アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

クソ職場で我慢する意味なんかない

ここ数日ずっと朝の仕事に行っていない。

寝坊が多かったり、単純にとっても行く気がしなかったり。

ダメ人間なのは百も承知だが、あんな職場にわざわざ行きたいというどMではないのである意味正常なのではないかと思う。

確かにみんな休みがなかったり、仕事で苦しんだりしているのだろう。

だから余計に、休みも多い私の仕事の辛さは理解されない。

怒鳴り声があるといっても自分はほとんど怒鳴られないし、上司(笑)は私には限りなく優しい。

でもストレスのせいか禿げた。

一度無くなった髪はなかなかなくならない。まだ20代半ばなのに。悲しいことである。

しかし私はポジティブなのである。

髪がないならそれを活かした髪にすればいい。モヒカンとか。

いや半分冗談だけど。

我慢しろという人に、ぜひともあの職場で一カ月働いてみてほしい。

果たしてどのくらい持つのか、毛根が耐えうるほどの強靭な精神力なのか楽しみだ。

でもいいこともある。

自分は逃げられない状況で初めてこんなに働けた。

金も今までで一番貯まった。

やっぱり自分で稼ぐこの喜びは何物にも代え難い。

今もクソみたいな職場で苦しむ人はごまんといるだろう。

私はそんな会社早く潰れろと思うし、そこで我慢する意味もないと思う。

苦しんで報われるのは好きなことをしている場合だけだ。

どうせ苦しむなら、自分がなるべく好きなことで苦しむべきだ。

多分、私ほどの能力のないダメ人間が言うのだから、そんなクソ職場で何年も耐えたあなたは十分出来る人だし、周りの人に迷惑かけちゃうからとか、次の職場がみつからないかもしれないとかいう理由で我慢するなんてもったいない。

人間なんて案外いなくなったら代わりがいるものだ。

とか偉そうに言ったけど自分はいつやめられるかまだめどが立たない。

2017/11/05