アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

人生のスパルタ教育セミナー

最近、仕事が終わるとゴミのように疲れ、ご飯も食べずに部屋の布団に入り携帯をいじる。

この家では自分の部屋と(鍵はないけど)、みんなが寝静まったあとのリビングくらいしか心休まる場所がない。

自分はなぜだか、あらゆる状況で、スパルタ教育のようになることがある。

どういうことかというと、例えば記憶にあるのは、コンタクトレンズを初めて買うときに眼科に行ったのだが、なぜだかそこの眼科では、コンタクトレンズを最初は病院の人がつけなければいけないらしい。

私は初めてだし敏感なため、どうしてもコンタクトレンズを拒絶してしまい、うまくつけられなかった。

だんだんとイライラしてくるような看護師?は、何が何でもコンタクトレンズをつけさせようとしてきた。

私は生理現象でもう涙が出まくって、一体自分は何しに来たのか、なぜコンタクトレンズをつけに来ただけなのにこんな地獄みたいな思いをしなければいけないのかと思った。

あまりに辛いため、私は「自分でつけちゃダメですか?」と聞いた。

無慈悲にもソイツは「ダメだ」と言った。

融通のきかない奴だ。

まあなんとかつけてもらうことができ、それから一人で練習したりしたわけだが…。

なぜ自分はあんな目に遭うことが多いのか?

やたらめったら人にディスられることもあった。

意図せずスパルタ教育を受けることになってしまう。

優秀だけども性格に難があるというか、短気な奴を引き寄せてしまうというか。

(自分の父がまさにそういう人間。母も真面目さという点では優秀な人間だろう。自分よりは明らかにいろんな能力が上)

確かに自分は結構せっかちというか、変にめんどくさがって、不器用なくせに素早く成長したいと思うところがある。

成長というか、最早精神崩壊手前のようになったこともある。

そして、今も地獄みたいなところで働いているし、地獄みたいなところに住んでいる。

主に精神的に。

しかし、あらゆる地獄を見てきた私にとって、これでもレベル的にはむしろマシな方の地獄なのだ。

これで私が得たものは、「とりあえずこんなダメ人間でも一年は働ける」という自信と、貯蓄のみだ。

他には何にもない。

社会人スキルなどまったくもって、ない。

むしろ社会不適合スキルが上がっている。

他人と接することもないのでコミュニケーション能力は下がる一方。

言われたことをこなすだけ。

この家は、せっかちで成長したい人のための、ちょっとキツイけど素早く成長したい人向けのセミナーを受ける場所みたいなものかもしれない。

あれ?同じこと言ってる?まあいいや。

とはいえ、そうじゃない家族もいるけど。

家族だからといってみんながみんな同じことを思ってるわけじゃないんだよな。

みんなこの家の異様さには気づいてたとは思うけど、一番最下層に位置してるのは自分だろう。

自分にとって、実家が安心する場所、なんていうのはファンタジーだ。

そんなのは最早割と早くから諦めていた。

それでも自立できないからこんな目にあってるんだけど。

なんか、バイトとかでも初日で、ほぼコミュニケーションなんか取る前から、変な奴に嫌われる才能があるので、ろくに働けない。

それで(おそらく嫌われて)クビになったこともあった。

理不尽すぎる世界だなあと思うよこの社会ってやつは。

マジでなんなんだ。

普通の人にはわかんねえだろうなあ、いきなり嫌われて1日でクビにされる人間の気持ちなんて。

マジで自分が一番意味わかんねえよww

てめえクソがって先輩に切れたとか、遅刻したわけでもないよ。

本当に何もしてないよ。

別に不快な顔もしてないつもりだよ。(デフォルトの顔がムカつくということなら、整形するしかないのですが)

ある意味、実家に守られて、実家に殺されてるんだなあと思う。

だってうちの人は絶対に、死ぬまで私を手放すつもりはないだろうからね。

こちらが拒否しない限りw

私が親元から離れて健全に巣立つよりも、外でうまくいかずに自分らの元にいてくれた方がよほど喜ぶような人たちですから。