アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

みんな変わってくのに変わらない自分

最近になって知り合いが急に断捨離すると言い出したり、何かしら変化が現れ始めている。

長年ずっと部屋が片付けられなかった親戚の人も片付けだしたらしい。

自分はというと、相変わらず片付ける気力も起きず、何も変わらない。

スピリチュアル的ななんかだか占いだか忘れたけど、これまで頑張った人はそろそろ報われるころだと聞いた。

もちろん何もしていない人はそれなりの結果だ。

自分は何もしていない。

強いて言えば身のあることはしていない。

職場で我慢していた人も評価されたり、ある人は結婚したり、恋人ができたりするのだろう。

自分は当然ながらどれも当てはまらない。

なんだか自分は何をしているんだろうという焦りと諦めと絶望が襲ってくる。

調子がよくなるどころか、頭は働かず、鬱は酷くなる一方だ。

今は調子が良くないのだろうとも思うけど、死んでしまいたい気分になる。

自分が今まで生きてきた結果があの職場しかないのかという絶望。

みんなが生き生きして見える。

みんな頑張って生きてきたんだな。

身投げしてえ。焼身自殺してえ。

嘘です。でも辛い。

この家に搾り取られ、ペットのように餌を与えられながら、クソ野郎のいうことを聞くしかないのか。

こんな人生クソだ。

どうすりゃいいんだ。

教えてくれ神様。