アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

親戚付き合いの話

他人のブログとか話を聞いて驚くことがある。

それは、親戚付き合いがあるということ。

正月は必ず親戚一同が集まるとか。

しかも集まって、親戚に結婚しろだの言われるとか。

うちもまったくないわけじゃない。

でも年々付き合いが薄れてる。

それは父が親戚をあまりよく思ってないからというのが大きい。

それにつられたのか元々なのか、母も父方の親戚を毛嫌いしている。

たとえば親戚のおじさんが良くしてくれたとか、おばさんが助言してくれるとか、そういう付き合いはほぼゼロに等しい。

同級生がおじさんを呼び捨てにしているのを見て衝撃を受けると同時に羨ましかった。

少しヤンキーっぽい家系だったのもあるかもしれないけど。

自分は末っ子なので、あまり会わない親戚などは、だいたいにおいて長女のことしか覚えていない。

そしてこちらも「こんな人いたんだな」くらい。

母からも積極的に話を聞かされたこともない。

一度19歳ごろ親戚の結婚式に出たが、ほぼ同じ席の長女と母の話題ばかりで、自分いなくなっても気づかれねんじゃね?って感じだった。

長女や母が美人だって話だったかな(笑)(お察しw)

小さい頃の写真にしても、私と妹の写真は著しく少ない。

当然長女のものが一番多い。

昔の写真を漁るたび、長女の写真ばかりでてきて、虚しくなってみるのをやめたものだ。

同じ家にいたのに、長女と自分はまるで他人みたいに扱いが違う。

むしろ自分が本物の子じゃなかったらどんなにいいかと思った。

(本物の親じゃない親を持ってる人はすみません)

自分は本質的に父親似なので、父方が苦手な母と馬が合わないのも当たり前といえば当たり前だ。

母の母(私からした祖母)に私の顔が似ていると言われたこともあり、確かに母よりそっちに似ていると思った。

母は表立って自分の母のことを悪くは言わないが、関係は良いとは言えなかったのだろう。

もしかしたら祖母に性格も似ていて、母は無意識に拒否反応が出るのかもしれない。

まあ、余計なお世話(?)ですけど。

祖母のエピソードで好きなのが、いくつかあるが、真面目なものでいうと、親に見合い結婚をさせられそうになったが、逃げてのちの母方の祖父と結婚したという話。

母はそんな行動力のある人だったんだなあ、と驚くように言っていた。

確かに私から見ても祖母はおっとりしていつも笑っているような、ちょっと謎のキャラだったのでそんなイメージがなかった。

のんびりして見えていきなり動き出すところとか、私も似てるかもしれないな。

正確には前からなんとなく計画してるんだけど、周りになにも言わず突然動き出すので周りからは唐突にみえるのだろう。

専門学校に入る前、春休みの引越し間近の時に私がパーマかけると言い出した時も、突然だったので(前から考えてはいたけど)、母から急に言いだすのやめてくれと言われていた。(送り迎えとか母だから)

行動は速いが、意外と不意打ちに弱い母。

そしてパーマをかけたはいいものの、変な知り合いのところに行ったため、失敗したのだった。

二回もかけたのに。

行動は計画的に、と言いますが、多分無理ですね。

どこかで私は「計画なんていくら綿密に立てても無駄だ。流れに任すしかない」と思っているところがある。

実際、今までもあらゆる(主に家庭の妨害)トラブルなどでことごとく計画が流されてきた。

色々夢があったが、今の夢はささやかになり、とりあえず家から自由になることである。