アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

BBAから逃げるとBBAはいつまでも追ってくる

現在仕事の30分前くらい。

二週間ぶりの仕事に行ってこようと思います。

私はニートに向いているのかいないのかよくわからんけど、実は向いてないのかもしれません。

実家の仕事で実家にいるので、仕事をしないとどうしても気まずいというのもある。

金は必要。

金がなくなっていくだけなのは耐え難い。

そんな陳腐な回答ですが。

ただ、前と同じように我慢して数時間耐える気はありません。

早めに帰ります(笑)

今の職場は汚いけど、今度働くとしたら綺麗な職場がいいなと思います。

あと臭くないところがいい。

時間が経って、仕事を終えて帰ってきました。

職場に赴くと、ものすごい目をしたBBAに真顔でじとっと見られ、

「見たことない人きた」

と皮肉を言われました。 皮肉が言えるなんて賢いゴリラ…いや珍獣もいたものだなと思います。 それともとうとう痴呆が進んでしまったのでしょうかね。 可哀想に。南無阿弥陀仏

本当に可哀想な人だなと思います。 あからさますぎて、噴き出しそうになるのをこらえました。

それ以外は理解のある両親で助かりました。

あのBBAがいると、おかしいはずの両親がものすごくまともに見える。

父の両親は本当に悲惨だ。 人格が最悪。BBAは言わずもがな。 その父(祖父)もウザい性格ではあったが、それよりも借金を作ったり、そもそも働かない人だったので苦労させられたんだろう。

父は人格は置いといて、あの親からどうやって生まれたんだというほど見た目も整ってるし、あのBBAの股の間から出てきたのか疑うほど頭もいい。(おぞましい言い方をしてしまったが事実なんだよな)

ん…?ていうか本当に息子なのか? 父の祖母に対する年々酷くなる言動や態度を見るととても親子には思えない。 まあ親子だからこそ憎しみも倍増するのかもしれないが。

父は祖母のいないところで「バアさん」と呼んでいる。 こんな息子ってww

いやー、気にしないようにとは思っても、なかなか完全に接触を避けるのは難しいので、どうやってBBA回避するかですよね…。

逃げれば逃げるほど人生の課題は追ってくるといいますけど、本当の意味がわかった気がします。

人を変えようとするより自分が変わる方が早いというのに似ている気がします。

つまり、あーだこーだ言ってくる人間を変えるのは無理なんですよ。 で、顔を合わせる限りずっと言われ続ける。 じゃあどうするかというと、もうゴミがなんか言ってるくらいの感じで無視するか、自分がその場を去るかしかないんですよね。

そんなことを考えました。 スピ系とかでは、自分が変われば相手も変わるとか絵空事ばかり言ってる人もいますけど(盲信的に)、本当にそれで変わるなら毒親問題も解決するし職場の人間関係に苦労したりするはずもないですよね。

この世にはどうしようもない出来事や人間ってのはどうしてもいると思います。 許すとか我慢とかばかりじゃなくて、戦う術か、逃げる術を持つことも必要なんじゃないかと。

私がほぼ確信を持ってこう言えるのも、どうしようもない家族がいることから始まり、そういう人間を見てきたからです。 こればかりは体験しないと理解できないと思いますけどね。 できれば一生知らずに生きられた方がいいのかもしれませんけど。 私はどうもそんな体験ばかりしてしまう癖があるようです。

うーん…。 もし祖母の嫌味とかが続くようなら、もう本当に潮時かもしれないな…。 ここを出ろってサインなのかもしれない(笑) 私は我慢強いけど理不尽なこととしつこい奴は大嫌いだから我慢がならない……(矛盾?)。

今までの一応の平和も、自分が我慢することで保たれていただけだったんだなと思う。 祖母は自分がとてもがんばってきた、悲劇のヒロインだと思い込んでいるので、楽してるように見える人間が大嫌いなのだ。

毒親の連鎖というのも、自分が可哀想な人間だと過剰に思い込む親が、子供にも不幸を強制することで起きるんだろう。

エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ