アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

核ミサイルが飛んできたときの防御姿勢

昨日から左の奥歯が痛い。

なんかグラグラする。

親知らずの部分がまた化膿してるのかと思ったがわからない。

ご飯も食べづらい。

今日の朝、なぜか自分は寝ながら笑顔で楽しい妄想をしていたようだ。

うっすら意識があり、とても幸せな気分だった。

なにを考えていたかわからないが。

昨日の夜も夜ご飯を食べず、そのまま寝てしまった。

今日も貧血みたいだ。

母が病院の予約をしてくれたようなので、4月に行くことになった。

これ、精神科より内科受けた方がよくね?

しかし昨日からアロマのせいなのかわからないけど、妙にけだるいというか、絶望とも違うけど倦怠感のようなものがある。

今日も仕事に行っていないので、まだご飯は食べていない。

三月半ばのふざけて撮った写真を見ると、まだ顔色は良かった。

月の死者が来たあたりから顔色が悪いようだ。

もう終わっている頃なのだが、未だに貧血っぽい。

貧血なんだから倦怠感がしてもおかしくないか。

鉄分とったほうがいいんだろうけど、そもそもご飯もちゃんと食べれてない。

そしてご飯が食べれないのは家族と気まずいせいだ。

複雑な問題なのである…。

ネタがなくなったので核が飛んできたときの話をする。

読んでいる方だけでも助かる確率を上げられたらと思う。

http://yappaw.com/2070/

こちらの記事に詳しく書かれてあるがメディアなどはとにかくミサイルの脅威を伝えるだけで、具体的な対処法などは言わない。

これによれば、ミサイルがきたら死ぬしかない、というのは誤った考えであり、助かる方法はあるようだ。 たくさんの人が死んだ戦争や、大地震でも生き延びた人がいるのだから、全員死ぬしかないなんてことはないのではないでしょうか。

むしろその後が大変そうですけどね。食糧難とか。

陰謀論的な話ですが、大地震も人工地震だという説がありますからね。

ある意味核ミサイルのようなものでも、生きた人はたくさんいました。そして日本人はそんな大変なときでも互いを気遣い助け合ってたみたいですね。

人工だとしたら、画策した奴らざまあですね。

ミサイルの話に戻って、少なくとも死を免れる確率は上げられるといいます。

よくいうのが窓のない堅牢な地下の建物などに逃げ込めば助かるという話。

堅牢な建物なんかそうそうねえよふざけんなという話なのだが、堅牢ではないとしても、物陰に逃げ込み、とっさに床に伏せるだけで生存率が上がるようだ。

よく映画とかで伏せろ!というシーンがあるが、あれが役に立つわけだ。

だがただ伏せただけではダメだ。

殴られるときに亀のような体勢になるやつがあるが、あれだ。

核による衝撃波でお腹がダメージを受けるのを防ぐため、お腹が床につかないようにする。

正座の姿勢から頭を守るように丸まる。

そうするだけで生存率が上がるというのだが、そういう目にあったことがないので真偽はわからない。

いい画像がみつからなかったので、こちらの人の画像を使わせてもらう。すみません。

こんな感じだと思う。

f:id:b_spring:20180327111146j:plain

私が見た情報だけでは正しいとは言い切れないので、みなさんもぜひ色々な情報を正しく選びとって、生存率をあげてほしい。

ってなんの話や。

核が落ちなきゃいいなあ、と思うのではなく、確実にいつか落ちるものと考えて、できることはすべてやったほうが、現実的ではないでしょうか。

現に日本は狙われていますしね。

いざ核が落とされるときいて、慌てて泣き暮らすだけなんて嫌ですよね。私は嫌です(笑)

自分以外誰も守ってくれません。特にこの国はなにもしてくれません。

ならば、自分で自分の身を守りましょう。

周りの人に奇異な目で見られても、助かるために対策を講じるのは無駄ではありません。

現に日本は見えない戦争をしているようなものなのですから、むしろ平和ボケしている人たちのほうがどうかしているのです。

自分だけが助かろうと言うのとは違います。

ただ自分も守れないのに他人は守れませんよね。

もし余裕ができたら、次に助けられそうな人を助けるのが人情というものでしょう。

ちなみに私は核云々の前に貧血で倒れそうです(笑)