アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

毒親に注いだ愛情はブーメランで帰ってこない。刃物をつけて戻ってくる。

自分の親が毒親だと気づくのは40代が多い。

そうです。

まじか。地獄だな。

私は20代で気付きました。

まあ今は、ネットもあるしみんな早く気付くんじゃないかな。

昔からぼーっとしてたり現実にいなかったので無駄に気づくのに早かった。

飛蚊症も12歳くらいで気づいて(ていうかそんな歳でなってたのか)、お医者さんにこの歳で気づく人はあまりいないと褒められました(?)。

お母さんを悪く言うことに罪悪感を抱いたり、自分のお母さんが悪いと認めるのは辛いってよくいうけど、私の場合不思議なことにないんだなあ。

そりゃ、本人にこのブログ見られたらさすがにビビるけど。

昔から微妙に冷たくされてたけど、中学のときから決定的に冷たくされて、徐々に冷めていったからなのかな。

本人無自覚だと思うけど。

まあ今までは地獄でしたけどね。

ってまだ終わってないけど、大体辛い時期は去ったのかな。

自分の中で、もう母親は死んだも同然な気分です。

良くしてくれるおばさんという感じ。

最近は、母は相変わらず私にはぎこちなく、妹にばかり話しかけています。

「◯◯ちゃん、あの番組気になると思うよ〜」

「◯◯ちゃん、あれおいしいよー」

などという何気ない一言を妹にだけ言ってきます。

気づかなかったけど、これって地味に差別?いじめなのかな?笑

これが子供だったら、「お母さんなんで私だけ無視するの?」ってなったかもしれないけど、生憎一応大人なんで、しょうがないと思ってますけどね。

あの人が人の気持ちを考えられるようなまともな大人じゃないことは十分わかってしまっているので。

妹のおかげか、おまけで(?)私のご飯も作ってくれてますから文句は言えないですけどね。

私は空気みたいです。

家族だから、家族だけど…とはいえ、友達だったらいじめですよねこれ笑

まあ、本当に私を娘というより、同い年の友達のようにしか見れない母だから仕方ないんですけど。

(友達親子とは違って、嫉妬とかしてくるどっちかというと嫌な方のね)

精神的にも母から責め苦を味わってきたのに、母は私の辛さに理解を示すどころかますます冷たくなってる気がします。

私も心の底ではやっぱり気にかけて欲しいんだろうか。

私は母といる限り、ブーメランで傷ばかりつけられます。向こうもそうかもしれないけど。

近すぎちゃいけないんですよね本来。

利用価値のない、愛情もない存在には冷たいんだなあ。悲しい。

お互い様かな。

私はもう母に愛情なんてあげてないし。今まで十分あげたんですけどね。

それがそのままブーメランになったわけか。

私があげた愛情はブーメランで帰ってこないけどww

毒親に注いだ愛情はブーメランでは帰ってこない笑

むしろ燃え盛って戻ってきたり、刃物をつけて帰ってくる。

間違いない。