アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

明日は精神科です

明日は鬱な精神科。

母の車で行かなきゃならないこともだし、あの精神科医に会わなきゃならないことも鬱だ。

鬱を治したいのに精神科が鬱とはどういうことか。世も末だ。

医者には、適当に2時くらいに寝ていると言っておこう。

ここ最近はいろいろ気が休まらないこともあり、普通に3時過ぎとかに寝ているが。

正直に言っても言わなくても大して変わらない。

医者との信頼関係もさほどじゃないのであまり重要じゃないだろう。

母が一階で寝るようになったので、夜中にリビングなどに降りていられなくなった。

母が寝ているのはリビングの近くなのだ。

唯一羽を伸ばせる時間だったのだが、窮屈だ。

どんどん居場所がなくなっていく。

自分が1年後、どこで何しているのかわからない。

さすがに実家にはいたくないのだけど。

30までに自分がどうなっているのかもわからない。

世の中には、計画性をもって生きている人がいるのだろうけど、自分は当てはまらない。

計画性もないし、周りで勝手に事件が起きるので巻き込まれる。

だから計画立てたって妨害されるだろうし、流れて生きる方が正しい気がする。

もちろん何も考えていないわけではない。

自分なりに夢もある。

人のせいにするな、というのが日本人の好きな言葉だろうけど、とかく足を引っ張る家庭というのも存在する。

そんなことを平気で言うのは、さぞかしそんな家庭に生まれなかった幸せな人種なのだろう。

こんなことを言ってるけど別にネガティブなわけじゃない。

事実を述べているだけ。

私の家はかろうじてお金に苦労していないだけで、それ以外は害悪としか言いようがない。

母はメンヘラだし意図せずこちらを不安にしてくる。

クソ野郎はとにかく家族に迷惑をかけまくり、うちにある金を浪費するのが趣味だ。

祖母は野生動物だしバカだしアホだ。

父は狂っているし母にはモラハラだしすぐキレる。

この家に感謝するべきはお金。それだけだ。

それ以外ない。

あとは母が家事を投げ出さずやってくれたこと。

好きでもなかったろうに、何年もやっていくのは大変だっただろう。

でも私の大好きだった母はもういない。

そこにいるのは、1日のうちにめまぐるしく感情が変わり、言動がコロコロ変わるメンヘラおばさんだ。

以前からそうだったが最近本当に酷くなってきた。

妹に愚痴をよく言ってくるらしく、それに耐え切れずさらに妹が私に愚痴る。

私もあまり真に受けないようにはするが、やはり愚痴を聞き続けるのは気分がいいものではない。

最近よく思うのは、人は依存対象に対しては扱いがぞんざいになるということ。

たとえば、母は他の人に対してはしっかりした良き母だが、私に対してはメンヘラ丸出しで、良き母というよりはモロ毒親になってしまう。

だが本人は無意識なのでそんなことは気付かず、自分は棚に上げて、同じような関係の人のことを異常だと言ったりする。

客観視ができていない証拠だ。

私は母を母としてみることをやめている。

病んだ知り合いのおばさんくらいに考えている。

もちろん、そう考えたところで、向こうは母として接してくるし、完全に楽になるわけじゃない。

母は私や妹を、子供というよりは所有物、いや人間として見ていないのだなと思う。

最低限の世話はしてもらっているのでペットに近いかもしれないが、こちらに人間の意思があることをどうにも無視されているのだ。

これを、まともな母としてみるから辛くなる。

最早母ではなく、たまたま一緒に住んでいる人だと思えばいい。

可哀想な人だと思われるかもしれないが、今の私にはこれが一番の対処法だ。(?)

思えばいいというか、思ってるし、感情的につながるのをやめたのでだいぶ楽になった。

精神科では何話そうかな。話そうかな、っていうほど余裕ないと思うけど。

もう少し楽しく喋れるような人だったら良かったのに。

おしゃべりに来てるわけじゃないけど、せっかくはるばる来てるしたまの人と話す機会なのに。

もはや自分というより母のセラピーw

とりあえず、精神的な調子は良くなったこと、しかしめまいがすることなどは話しておくか。そうだった。めちゃくちゃめまいするんだよ。 顔色も悪いし。

もう2時半になっちゃった。

寝れるかなあ。

おやすみなさい。