アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

人生全てが逆走してるこの感じ。行きたい方に行きたいと思えば思うほどなぜか逆走してしまう。

人生全てが逆走してるこの感じ。

行きたい方に行きたいと思えば思うほどなぜか逆走してしまう。

タイトルのは思いつきです。 まんまだけど、ほんと望めば望むほどそっちとは逆の方に人生が全速力で進んでる感じがする。

暗くなりすぎないように知り合いからもらったライブ感溢れるインドの音楽CDと雨の音をBGMにかきましょうね。

でも実はバングラデシュ音楽だったのは秘密。

なんだろう。なんかもうすげー死にたい。

仕事みつかんのかまともに働けんのかまたいじめられんのかすぐ辞めんのか、続いたとしてもまたいつか辞める時が来て、その後どうするのかとか

姉が帰省してきた。

ゴールデンウイークほぼ潰す勢いで帰省ですよ。

自分ならそもそもまず帰らないしGWなんて貴族の休暇があったことがないし、なんなら毎日が終わらない憂鬱な夏休みみたいなもんですけど、私ならそんなドブに捨てること絶対しない。

まず実家に帰っても70パーくらい嫌な思い出になる。

楽しいとしても最初だけ。

姉にとっては唯一なんの気兼ねもなく心安らげるところなんでしょうね。

父がというより母がいるからでしょうけど。

私も心安らげる実家欲しかったなあ。

欲しかったよ。でもない物を求めてもしょうがない。

なんか知らんけど母親は私や妹には暗い話ばかりするんですよ。

そういう役割だとでも思われてんのか。

マジ勘弁て感じ。

最近は私がそもそも話さないせいか妹がとばっちり食ってるみたいですけど。

しかも無意識だからタチが悪い。

子供には夫の悪口言わないとか徹底してるお母さんってほんと素晴らしいですわ。ただ抱えすぎるのも心配ですけどね。

姉に対しては外面というか、明るい話しかしないんですよ。

そもそも姉自体、暗い話が苦手な人だからかもしれないけど。

それがもう茶番というかね。裏ではお前のこともお前の夫のこともさんざん言ってるクソババ…おっと口が滑った。

よく、そもそも聞くようなおとなしい子じゃなかったら聞き役にはされないとかいいますけどね。

確かに姉は子供の頃から割と自我が強そうだったし、とても人の話を黙って聞くタイプではなかったですけど。

でもどうなんでしょうね。私も元々は結構頑固だったし集団嫌いだし一番アウトローといえばアウトローだったんですけどね。

あー死にたい。

こんな雨の日は死にたいよ。

もうなんでほんと、なんなんだこの人生。

すみません。鬱ですわ。

もうほんと全てが嫌になる瞬間が一年に何回来るんだろう。

マジで。

家族の悪口ばっか家族に言うおばさん(お母さん)をどうして好きになれるのか、信用できるのか。

これはいじめといってもいんじゃないすか。

もう私の心はボロボロですよ。

何も信じられない。

姉はいいよ、たぶん一生母の嫌なとこ知らずに生きてくんだろうし。

それならそれが一番いいよ。

もう私は知ってしまった以上、あの人とは縁切りたいとしか思えないのだ。

今日も皿洗いしたけど姉は何もしてない。いや別にいんだけどね。いんだけどやっぱむかつく。

あんたはいいよな。気楽で。

家族の嫌なこと知らなくてさ。

知らない方がいいってこのことかな。

何もしてないくせに「◯◯皿に入れといて」って母から言われたことそのままやや上から言ってきた。何様やねん(笑)

一般的な毒家庭は姉が犠牲になるそうだけどうちは逆みたいです。

居たくもないのに家に縛り付けられ、家事をやらされ、仕事を手伝わされ、さらに愚痴聞きまでやらされる。

まあこれも過去の話。

今私は仕事は行ってないし、愚痴聞きどころか母親と話すらしない。

明るい姉がいると母は傍目にはとても楽しそうだ。

そのまま仲良し親子でやってりゃいいのにと思う。

本当に自分がいる意味がわからない。

いや、もう意味ないんじゃないかな?本当に。

病気の母を見捨ててやりたくない仕事も捨てる最低な娘ってことで。

姉だけで我慢してりゃどんなに安泰幸せ家庭だったかね。

ってのは大げさか。幸せではないにしろ、今よりも負担は減ったはずだ。

もちろん姉の下のクソ野郎に、その下の社会不適合クソニート(自分)のこと。

家族だけでもいっぱいいっぱいなのに、さらに周りの人間もデンジャラスで余計なトラブルが起こりそうな気配だし。

もうほんと勘弁してくれ。

私は静かに独りで…は無理だとしても、ただ無難にもう邪魔されず生きていたいだけなんだよ。

母はマジでみんな平等に育てたと思ってんだろうな。

まあ、上二人の主張が強くてやや放置気味に育てただけだとしたら、確かにそれなりに平等だったのかもしれないけど。

でもやっぱり下の私たちの負担がでかすぎやしないか?その時点でやっぱり平等とは言えないのだ。

平等というのは作ってる方が決めるのではなく、与えられてる人たちが実感するべきものではないのだろうか。

もう2時半か。明日が来るのが嫌だな。

この茶番にいつまで付き合わなきゃいけないんだろう。

今度、就職支援センター的なとこのお姉さんと話すことになった。怖いなあ。思いがけず関係ないことまで喋ってしまいそう。もう自分は壊れてきてるのかもな。

精神科医よりよほど話聞いてくれるだろう。

もう家族関係もこれからも仕事のこともボロボロで、全てが繋がってるからな。

一応夢もあるのに、30までに夢捨ててとにかくいろんなもの(しがらみ)から逃げるために生きるしかなくなってんじゃないか…。

ほんと人生ってうまくいかねーな。

死のう(笑)