アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

ぶろぐさろんのはなしをよんで

キタミナのブログサロンの記事を読んで色々思ったので、寝てませんが勢いで書きます。

小学生の作文みたいなタイトルですが、世の中にはみんなで固まらないと不安でしょうがない人と、どうがんばっても群れから外れてしまい、結局1人で頑張るしかない人がいるんだなあと思いました。

はい、自分は後者です。

馴れ合いが苦手なんです。

まあ人間、生きてたらあるグループ的なものが出来てくるものだと思うんですが、私は数年単位で変わります。

なんだか気持ち悪くなってくるんです。

同じ人間、同じ話題、同じ環境…。

まあ別に私だけじゃなくてみんなそうだと思うんですが。

学生時代の仲間と、結婚してからも30年後まったく同じようにつるんでる方がおかしいですし。

就職したら職場の人と接する機会が増えるんでしょうし。

固まらないと不安でしょうがない人の気持ちは正直わかりません。

確かに学校とかではそこそこグループに入っとけばぼっちじゃない感は出せますが、だからといってなんでもかんでも人と一緒じゃなきゃいけないってのはよくわかりません。

正直、一度仲良くした友達は見捨てたくないタイプです。

でもやっぱりずっと付き合ってると違和感が出てきてしまうんです。

だから次いつ会うかわかんないけどそれまでは元気でね、って心の中で勝手に距離置きます。

ある友達と縁切るか悩んでる、と友達の少ない人に話すと、「私だったらせっかくできた友達手離さないけどなあ」みたいなことを言われたことがありました。

正直全然わかりませんでした。

大事だからこそ離れる決心も大事じゃないのかなあ、と。

一緒にいることだけが友情かなあと。

私も友達はけして多い方とは言えないと思うんですが、失う怖さはあまりないんですよね。

一応兄弟がいるせいかもしれませんけど。

関係ないけどBには友達が少ない人、と思われてたみたいです。

うっせーよお前も大学時代ぼっちだったくせに。

私は作れなかったんじゃない、作らなかったんだよ!

Bに言われるとなんかムカつくな(笑)

あれですよね、元からお金も何もかも満たされた人が失うのと、元からない人がさらに失うのとは違いますよね。

だから私はXperi…じゃなくて、だから私は多分、友達というものには一定の満足を得られたんだと思います。

私みたいなタイプで、友達に満足した人は友達がいなくてもいい、でいいですけど、友達ができなかった人に同じものは通用しないですけどね。

人によって対処が違うと思います。

だから私は友達の少ない人(満足してない人?)にそもそも縁切る話なんか相談するべきじゃなかったってことですね。

しかし自分と同じタイプの人間なんてそうそういないからなあ…。

みんななんやかんや人間関係とか色々保守的なタイプだし。

私は物事が良くなるためには変化することも必要だと思うタイプです。

私は1人でゲームとかやってると割とすぐキレるし、ネットだと争ったことも何度かある。

一人で割とキレてる人ですw

現実では割と平和主義なんですけどw

割とって何回言うねん。

ブログサロン記事の浪人生の話で、1人失敗したからみんな次々挑戦をやめる…ってすごい何かの現象っぽいですね。(なんかわかんないけど実験とかでありそう)

もったいない。

環境ってほんとに影響する。

その分、1人で頑張れる人は誰にも影響されることがない強さがある。

私も正直後者がいいですね。

いいですねっていうか、みんなととか無理。

運よく気が合って前向きに頑張れる感じの仲間ならいいけど、逆の場合一緒にどんどん落ちる可能性が高いわけですよね。

実際私の周りってあんまり前向きな人がいなくて、むしろ負のオーラ纏ってる人が多かったので、私も影響受けてたのかもしれません。

かもしれませんっていうか、私の家庭がそうだし。

だからうまくいきたかったら、明るい人と一緒にいろっていうのは間違ってないと思います。

明るいといってもなんかこう病的にやんちゃ好きで異常に浪費したりパーティーしたりとかいう人じゃないですよ。

前向きに励ましてくれたり、失敗しても大丈夫だよと言ってくれるとか。

特に私のように影響されやすい人は環境が重要です。

重要ですとか言っといて今も大してろくな環境にいないんですけど(笑)

もういっそこれまでのしがらみぶん投げて飛び出した方がいいんでしょうか…無謀でしょうか…こだまでしょうか…いいえ、誰でも(笑)