アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

やりたいことやるやめたいことやめる

夜の時間は長い。

近ごろ、全く曲を聴いていない。

1日に一回は聴いていたのに、いまは全く聞きたくない。

自分で気づかない部分でよほど疲れているのかとも思ったが、余裕がないというのが当てはまる気がする。

私は問題が重なるとそれしか考えられなくなり、それ以外の思考が停止したようになる。

最近もいろんなことがあってそれについてばかり考え、脳みそのキャパシティーが足りないのだと思う。

時間ばかりありあまってるのに、生きてることがただしんどい。

ニートの漫画をちらっと読んだが、いまは非常に冷めていてほとんど何も感じなかったが、ニートキャラがうざかった。

もし、ニート像みたいなのが全部あんなニートだと思われたら、全国のニートに失礼だし、余計に世間の目が冷たくなる恐れがある。

表現者はそのへんの配慮を考えなくてはならないと思う。

とか真面目なことを言ってみたが。

夜中の2時45分。

夜ってなぜか動けない。魔物でもいるのか。

いろいろ考えると、結局「もう死んだほうが良くね」みたいな結論になる。

この先自分が生きていける確証がない。

みんなそうだけど、私には社会的な経験も資格も何もない。

ないというか、自分がそうしたくて生きてきたんだけど。

結婚生活はまず自分には向いていないのでもちろん視野に入れていない。

ただ、普通でない結婚生活なら可能性はあるのかもしれないが。

親戚付き合いとか考えただけで吐き気がする。

言いすぎたかもしれないが、なるべくしたくない。

親を許せない人は地獄行きだとブログで見た。

ここでいう地獄とは、死後のことを指すのではなく、アセンションでいう低層次元のことだ。

アセンションってなんや!という人はググってください。

スピリチュアル商売をどこまで信じたらいいのかわからないので、そもそもアセンションで低層と高層の人に分かれるというのもどうなんだろう?とは思うのだが。

親族でゴタゴタがある人は地獄層に行くのだと。

マジですか?今親族はゴタゴタっていうか、例えるなら阿鼻叫喚ものですけど?

うちはもちろん毎日地獄だし、親戚も精神病やらDV起きてますよ?

何を許すんでしょうか?

許して済むんですかこれ?

さらに、親と一切連絡も断って暮らしてます、という人はただ孤立しているだけで高層に行ったわけではないのだとも書いていた。

ええ…

たとえば酷い暴力をはたらいたり、顔を見れば死ねキチガイ殺すとか言われたり、ろくに会話にもならないような親でも会わなきゃいけないというのでしょうか?

いえ、私の話ではありません。例えです(笑)

それとも、本当の許しが起きた時にクソ親が死ぬとかドラマみたいなことが起きるんですか?

悪役が死ぬ前にいい奴になるみたいなフラグですか?

うーん、解せぬなあ。

うちのような地獄の親族を目の当たりにしてから同じことを言って欲しいのお。

ほんと呪われてるとしか思えない。

この前、たまたま店で親戚に会った。

元気かい?元気そうだねと言われたけど、息子からDVを受けてるそっちこそ大丈夫かと言いたかった。

そして私は元気じゃない。外に出てるからいつもよりは元気だったけど。

でもどっかに書いてたけど、DVを働く子供を、ただ施設に入れて解決したりとか、子供のせいにするのは違うと。

殺したいほど憎ませたのは親の責任だと。

たとえ無意識でも殺したいとまで思わせるほどのことをしてしまったのだと。

だけど暴力をはたらいたり暴言を言えるのはまだましらしい。

悲惨なのは言えずに我慢している状態。

まあ自分はこれだったわけだけど。

これからもよほど正気を失わない限りは、殺すことはないと思う。

ただ一時的にイライラして殺したいほどやばかった時は、とにかく部屋に入るなとか、親を拒絶することで回避したけど、親はそんなこと一生知らないんだろうな。

DV子供の解決法として、子供の目を見てまっすぐ受け止めてあげることだと書いてた。

これができないから悪化したり、和解は不可能なんだろうけどね。

ていうことがうちでも同じなので最早修復は不可能なのだ。

私の母は、喧嘩するとキレて、シンデレラモードに入り、反省せず忘れる。

母はDVを受けてる妹(おばさん)を擁護して、まるでその子供が完全に敵であるような言い方をしていたけど、それじゃあダメだよな、その姿勢がダメなんだよと思った。

そりゃ命は大事だけどさ…。

DVの子を尋常じゃない目をしてる、みたいなこと言ってたけど、あなたの息子もかなり尋常じゃないですよ。

知能が働くし浪費する分、もっと最悪ですよ。

自分の息子のことはわかりたくないもんですかねえ…。

というか、母の目には一体何が映ってるんだろう?

虚?

昔、荒れてた兄が母の首根っこを掴んで壁に押し付けてたことを思い出す。

あれが本当の記憶なのかどうかすらわからないけど、多分本当だ。

母が死ぬんじゃないかと思ったのを覚えている。

あの時の私は、一方的に兄が敵だと思い込んで母がかわいそうだと思っていた。

料理の文句もいちいち言ってたし。

でも、いまは母の理解力があまりになかったんだなと思う。

それに気づいてなんとかしてくれていれば、今のような地獄にはなっていなかったのかもしれない。

結局、母の地獄のおままごとに今も付き合わされているようなものだ。

確かに、親を許すというのは自分のためには必要かもしれないし、事実生きやすくはなるだろう。

ただしそれまでどのくらいかかるかはわからない。

許さなかったから地獄行き、だとしたら親を殺した人は地獄行き、だなんてそんな単純な話じゃないだろう。

子供が暴れるのは、理解して欲しいと思っているということだ。

見た目には悲惨だが、子供が必死に訴えているうちが華ということだ。

しかし、母は反省せず、父は兄に対し真っ向からキチガイのごとく怒鳴り散らして批判したため、あのようなクソ野郎が育ってしまったというわけだ。

もうあのようになっては手遅れだ。

兄はおかしいが、頭だけは回るので、家族から理解が得られないことは悟ったようだ。

そして私ももう、あの親には期待していない。

感情をぶつけることも本音を言うこともなくなった。

あの人達は一生自分のせいだなどとは考えず生きていくのだろう。

それならそれでいいのだけど、それで面倒を見てもらえるなどと甘い考えはしないでほしいものだ。

私は地獄行きだろうが、自分の生きたい方に行くつもりだ。

というか、病気の親を見捨てて仕事放棄してる時点で地獄行きなんだろ(笑)

まさに迷い悩む自分にぴったりのものが出た。 やっぱラッパーは現実味があってこういうときいいな。

ヒップホップ占いで出た、あるラッパーの名言で締めくくる。

やりたいことやる

やめたいことやめる

議論の余地なし お前もだろ

この原則破れば自分じゃなくなる

他人任せでは 迷子だろ