アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

Aさんと2回目のドライブ(?)

昨日は就職支援のAさんと会った。

昼、カロリーメイト二本のあと、昼ごはんも食べた。

緊張のため食欲がなく、少なめにご飯をよそってたら案の定それだけ!?と母に言われたので、食欲がないんじゃ!と叫んだらそうといって引っ込んだ。

なんなんだろう?いちいち人の食事量に突っ込んでくるのって。

大体何年暮らしてんだよw

うちでいつも食べろ食べろと言われ続けてきたので、未だに挨拶なのか心配なのか、「もっと食べなさい」と言ってくる人が苦手だ。

もっと食べなさいハラスメントw

母にデートいいなあと言われた。デートじゃないがな(笑)

やっぱり今日もだるかったが、化粧する元気はあったので久々にした。

Aさんの車の中で、祖母の話になった。

Aさんが今度集まる会で山菜を出したいのだが、取れるところがあったら教えてくれということだった。

そういう情報は祖母が知ってるんじゃないかという話になった。

Aさんはなんでもすごいすごいといいながら聞くのでついつい喋ってしまう。

祖母がいて良かったと思うことはあるかと訊かれ、現金だが金をくれることと言った。

Aさんは祖母にも祖父にも会ったことがほとんどなかったらしい。

Aさんは、祖母は孫が可愛いんだろうねみたいなことを言ってたけどそこはスルーしておこうw

(自分の祖母としての尊厳のためにあげてるだけではないかと思う。祖母の人の好き嫌いはちょっとしたことで変わる。

私は仕事に行かなくなったので金をくれなくなったw)

先祖の出身がどこか知ってるかという話にもなった。

互いに住んでいるところとは遠く離れていた。

遠くからわざわざ酪農しに未開の地に来るなんてものすごいガッツだよなあと思った。

当時は荒れ果てた地だったろうし、ジャングルに来るようなもんだろう。

それこそ熊に襲われたりしなかったのだろうか。

だから自分も未開の地にあまり不安がないのか?と思ったけどわからんw

まずハローワークに行きますと言われて内心怖かった。

Aさんと受付に行く。

Aさんが母親のようについてきてくれたのでまだ安心できた。

ハロワカードみたいなやつを作るため、いろいろ記入した。

考えた末、第一希望接客、第二希望清掃と書いておいた。

希望時間は9時から12時。

別に夕方でもいい気はしたけどとりあえず。

って今思ったけどこれ4時間もないな。

お金は欲しいけどどちらかというとリハビリの意味合いが強いから無理はしないほうがいいかな。

職員の女性が清掃の求人をたくさん出してくれた。ものすごい出てきた。 田舎でもこれだけあるんだなあ。

やっぱりチーム制とかは怖いから一人でやるやつとか惹かれるけど。

かなりたくさん見たけどいまいちピンと来ず。

田舎だからたかが知れてるけどね。 というか清掃にバリエーションはないけどw

Aさんも不器用な人なので、ベッドメイクの大変さは理解したようだった。

少なくともあんなの一人でやるのは普通にきついと思う。

慣れたらできるのかもしれないが、ただでさえ不器用な奴に、素早く綺麗に一人でベッドメイクなんて荷が重すぎる。

かといってチーム制でも怖い。

パソコンで探したりもしたが特にいい求人はなく。

Aさんにも申し訳なくなりながら、車に戻った。

Aさんに宿題じゃないけど、と言われて自分振り返りシートみたいなのをもらった。

こういうのやったことあるなあ。

分析は得意だけど、結局今の自分は恐がってるだけなんじゃないかと思う。

こんな田舎で仕事を選びようがないのは自分が一番わかっている。

今の自分は仕事を見つけるより、自分が何を望んでるか探ったほうがいいのかもしれない。