アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

何かができなくても責められない世界

就職支援のAさんとは、毎回昼の2時に会うことになっている。

今日もそうなのだが、なぜだか毎回だるかったり眠い。

Aさんは全然嫌な人じゃないし、むしろ仕事探しとか関係なかったら普通に仲良くしたい人だ。

私がそれほど仕事が怖いということだろうか。

正直いってこれからの展望が自分でもわからないので、行き先のわからないバスに乗ってるような気分だ。

この先何がどうなるかはわからないけど、Aさんに会うべく地元に戻ったと言っても過言ではないような、必然の出会いだったような気もする。

というか、去年地元に帰ってから本当に心身ともに死にそうな思いの連続だったが。

早めに起きて、早めに飯食って、とできればいいのだけど、あまりにだるくてそれができない。

おまけに昨日は1日中爆睡してしまい、母から頼まれていた階段掃除も出来ず、自己嫌悪と罪悪感で疲弊していた。

母にも今日行くことは言っていないし、個人的に気まずい。

別に子供じゃないんだから事後報告でもいいんだろうけど、なんだろう。言わないといけない気がしてしまう。

この間Aさんにもらった自己分析シートはそこそこ埋めたが、なんとも何がしたいのかよくわからない人になった。

こんなことを書いたら突っ込まれるなとか、これは恥ずかしいから書かないでおこうとか色々考えてしまい書けなかった。

今の交友関係は一応音楽関係の人もいるので、というかほとんどそうなので書いたが、最早謎の人だ。

我ながらカオスな人間だ。

Aさんは都会にいたことはほとんどないのか、都会ならではの様々な体験をした私の話を楽しそうに聞いてくる。

といっても別に、ホステスをやったとか大げさな話じゃないんだけど。

私は自分や人の可能性に目を向ける人間なので、なかなかそれと現実を結びつけるのが苦手だ。

もう11時半か。

いつもろくにご飯が食べれない。

お菓子は置いてあるけど。

Aさん、料理苦手っぽかったな。

多分。そりゃそうか。手先不器用って言ってたし。

私はもしかしたらAさんよりはできるのかもしれないけど、なんの違いだろう。手際は悪いけど美味しくできればいいやっていう笑

母にとっても私は料理が苦手な人みたいになってるけど、そもそも母の前で料理したくないだけですけど。

まあ、手際的に見せれたものじゃないが。

なぜか私が米をたくと美味しいという謎の褒められ方はしたな。

手際の悪さが逆にいいのかな?みたいな褒めてんだか貶してんだかわからないことを言われた。

(母はガサツ気味なので)

何かができなくてもいいんだ、という安心感を持って生きていたためしがない。

多分無意識にいつも、できない自分を恥ずかしく思い、責めていた。

それはきっと親がそういう人だったからだ。

Aさんはきっと、そういう環境とはほとんど無縁だったのかもしれない。

確かに不器用なのは苦労しただろうけど、そういう自分を責めている感じはしない。

そういう人なら、多分もっと自信がなさそうだったり、他人を責めたりするはずだ。

Aさんはそんな自分も肯定しているような空気がある。

漫画みたいに、誰一人料理ができなくて、でもみんなで笑いあうみたいな世界もあるのだろうか。

いや、心のどこかではあるのだろうと知っていたけど、自分とは残念ながら縁がないのだろうと思っていた。

モデルとなる家庭環境が冷たいものだったから。

あまりに負の影響が大きかった。