アダチルニートの明るい脱獄日記

ニートじゃなかった期間を経てニートに還る。アダルトチルドレンのムショみたいな家の苦しみの叫び。いつか脱獄できることを誓って。百転び百一起きの精神で読んでる人を笑わせたいネガティブに。

苦手な人がわかるのが辛い

就職支援のAさんと前回話したおじさん(以下Dさん)と会ってきた。

予想はしてたけどものすごく疲れた。

Aさんに会う前はいつもワクワクする反面、不安な感情がある。

Aさんには慣れてきたし、楽しく会話できたんだけど、Dさんは苦手だ。

全然悪い人ではないのだが、どこかしら価値観が違うような気がする。

Dさんは典型的な男性っぽい思考の人で、とにかくアドバイス(?)をしたがるタイプに感じる。

人の苦手や得意というのは自分で決められるものではなく、直感的にわかってしまうので困る。

誰か思い出すなあと思ったら、前に通ってた精神科医だ。

私がDさんにカウンセリング系に進みたいと言ったら、「道が見えてるんだから、前より進歩してるじゃないですか」みたいなことを言われた時に思い出した。

精神科医も、私が薬で少し規則正しくなったと言ったら、少し笑顔で「立派な進歩じゃないですか」みたいなことを言っていた。

未熟としか言いようのない医者ではあったが、唯一患者の私には怒らなかったことだけは褒めたい(何様)。

こういう男の人にありがちなのは、成果を出したい、成果が見えないのが不安なので、本人の意思を差し置いて、とにかく目に見える進歩をさせようとしたがるところだ。

もちろん、はいはいと話を聞いてるだけでは何も進まない。

どこかで本人が動けるようにもしないといけない。

そのさじ加減が難しいのだ。

ただ面白いのは、このDさん自身、カウンセリングに行ったことがあったが、カウンセラーはとにかく自分の肩書きなどを語るのに必死だったらしく、ほぼカウンセラーが喋っていたらしい。

Dさんは、クライアントを獲得するのに必死だったんだろうね、と言っていた。

Dさんは肩書きを語ったりなどはしないが、やはり似たところはあったのかもしれない。

このカウンセラーには二度と通わなかったと言っていた。

患者の心を癒すのがカウンセラーの仕事なのに肩書きを語ったり、カウンセラー自身が喋り倒すなんて本末転倒だと思うが、残念ながらそういうクソみたいなカウンセラーは多いのだと思う。

まるでプロかのように厳しいことを言ってしまったが、本当にカスのようなカウンセラー、精神科医が多すぎると思う。

最早超能力なのか、単にカスを見過ぎたせいなのか、写真1つを見ただけで信用できるかどうかがわかるようになってしまった。

もし直感を無視して会うと必ず痛い目に遭うのだ。

明日も実は妹ととある仕事の説明会?に行くのだが、最早嫌な予感がするので行きたくない。

だが妹はなぜだか行く気満々なので行かねばならない(一人で行けないので)。

嫌いな人間がわかるのはいいことのように思うが、実際には、本当に気が合う人なんてそうそういないので苦労する。

ろくに働けやしないだろう。

適度に鈍感な方が社会には適応できるというものだ。

Dさんでもう一人思い出したのは、以前どこぞのハローワークでお世話になった男性だ。

しかしこれは優柔不断な私が悪いのだが、彼が紹介した会社からことごとく逃げ続けて迷惑をかけてしまった。

その男性は異様に(?)私と妹を気にかけていて、少し怖いくらいに連絡をくれたりしていた。(頻度はさほどだが、ただの仕事以上のものがあった気がする。好きとかではないと思う)

それというのも私がきっぱり断っていればよかったものの、一人で探す自信がなかったため男性に頼っては怖くなって逃げ、を繰り返したせいだ。

私は男性に対し、恋愛でいう小悪魔のような気を引いては逃げる、みたいなことをしていたので乗りかかった船みたいな感じだったんじゃないかと思う。

その男性と話すたびに自分が責められている気がして、でも何を話したらいいかわからず、社会では働きたくないし、でも紹介されて断れないしと地獄のような思いをした記憶がある。

もうわけがわからずに男性の前で泣きたくなるほど嫌だった。

そんな人間がハローワークに来ること自体間違ってるんだけどね。

ていうかぶっちゃけハローワーク自体信用してない笑

Dさんと喋っているとまさにあの頃の傷が抉られる思いだ。

もしかしたら最後になるかもしれないが、次回の約束もなんとなく取り付けられてしまった。会いたくねー……笑

「普通の社会で働きたくない」とあの時確信したはずなんだけど、結局大した資格も使える能力もない人間はそんなにうまくいかない。

じゃあなんか勉強すればいいじゃんって話だけど、資格取ったところで結局社会に出なきゃいけないし、そうなると一人で事業でもやるしかないよね。

もうほんと社会にうんざりしてるんだけど、どうなるやら。

Dさんの悪口みたいになっちゃって申し訳ないけど、本当に悪い人じゃないんです。

私みたいな優柔不断の底辺人間の前だとみんな勝手に本性を晒してくれるので感じ取っちゃうだけなんですよ。

多分大多数の人にとってはいい人なんだと思います。(フォローになってないw)

双方の気分を悪くしないためにも、私はDさんが気にかけないように自立して離れなきゃいけないですね。

いい人を苦手だと思うのは辛いし認めたくないけど、気づいたものを放置しても仕方ないので、書いてみました。

私はこういうひねくれた生き方しかできないんですわw

Dさん短い間でしたが、こんな人間を気にかけてくれてありがとうございます。

(死ぬみたい)